健康と能力開花のイーマ・サウンド (株式会社イーマ・サウンド)

音響振動学

  • HOME »
  • 音響振動学

音響振動学について

音響振動学とは、広くは音響振動により身体組織が共鳴する現象の研究の事を指しています。 各細胞・組織・器官は活動による振動音(調和音)を発しっており、心身が健康な時に各細胞・組織・器官が発する振動音(調和音)を研究し、疾患などの表面的な不調や老化やストレスなど目に見えない不調によるバランスの崩れた状態を正常時記録された振動音(調和音)を機材による音響振動を用いて各細胞・組織・器官に共振作用を用いて補助し、細胞自体の活動を正常な状態に保たせる研究のことを私達は音響振動学と呼んでいます。

☆音がもつ癒しの効用

音がもつ癒しの効用については、古くから知られていました。ギリシャ神話では、オルフェウスが竪琴を弾いて病を治したと伝えられていますし、旧約聖書でも、ユダヤの王サウルのうつ病を羊飼いダビデが竪琴を弾いて治したと書かれています。また、古代エジプトでは、僧侶や医師が魂の治療薬として詠唱を医療に組み入れていたそうです。 01orpheus

竪琴をもつダビデ王

19世紀頃になると、音楽が呼吸や心拍数、血液の循環・血圧に及ぼす影響を測定され、その生理的効果が科学的に研究されるようになりました。最近脚光を浴びているグレゴリア聖歌も、特有の音階がもつ周波数(ソルフェジオ周波数)に癒しの効果があるといわれています。野菜にモーツァルトの曲を聴かせると、よく育つという話も聞かれたことがあることでしょう。

02water

このように、音には生命活動を活性化する作用があることが期待されます。特定の周波数(振動数)をもった音が、心身の状態を改善し、調和させ、免疫力を高め、健康で幸福な人生を送る助けとなるのではないかと考え、その研究に生涯を捧げた医師がいました。それが、英国の医師、サー・ピーター・ガイ・マナーズ博士です。

03manners マナーズ博士   04hansハンス・ジェニー博士

お気軽にお問い合わせください TEL 0942-45-0222 受付時間 9:30 - 17:30 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP
Copyright © 株式会社イーマ・サウンド All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.