健康と能力開花のイーマ・サウンド (株式会社イーマ・サウンド)

E-Ma.Soundとは

スイスの生理・物理学者ハンス・ジェニー博士は「音は一定の形や模様を作る力場を生起する性質がある」という“サイマティクス(Cymatics)原理”を発見しました。 このサイマティクスの原理から、イギリス人医師、サー.ピーター・ガイ・マナーズ博士は、「健康な生体の各組織(各臓器、器官など)は、各組織を形作っている音を発している」と考えて、半世紀にも及ぶ研究に没頭しました。その結果、健康な生体の各組織は、特定の複合調和音を発していること(マナーズ原理)を突き止めました。博士が発見したこれらの音は、サイマティクス サウンドを呼ばれ、それを使った療法をサイマティクス セラピーと呼びます。 マナーズ博士の発見された人体の健康な音の発表に伴い、あるいはそれ以前から研究されていた人体の健康な音を統合し、総合的に応用しようとした研究者が多く出てきました。それによりこの分野は飛躍的に進化しました。博士の死後に、博士の夢見た技術もより簡単に実現するようになりました。 そこでこの「マナーズ原理」を使って割り出された生命の音を私たちはMsライフサウンドと呼ぶこととしました。生体はいわば、各組織から奏でられる音でシンフォニーを発するオーケストラさながらのようです。健康な組織が本来固有に持っているMsライフサウンドを、その各組織に「聞かせ」、生体に共鳴共振させることで、各組織が持つ本来の振動を取り戻すきっかけを与えることになります。各組織がこのような健康基準の振動音を「聞く」ことで、自発的に自身が本来持つ振動を取り戻し、細胞が活性化され、健康な状態に導かれます。その結果として生体が本来持つ能力を発揮しようとするのです。 この生体が本来持つ能力を発揮しようとする力をさらに高める音を加えることで、その能力がさらに高まり最高の力を発揮するように開発された音が「イーマ・サウンド」です。このような音を「聞かす」ことで能力向上する原理をイーマ・サウンドの原理と呼びます。それによって起こる状態が超健康状態です。 manner_matsushita

お気軽にお問い合わせください TEL 0942-45-0222 受付時間 9:30 - 17:30 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP
Copyright © 株式会社イーマ・サウンド All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.